南仏、音楽つれづれ日記

南仏での生活、音楽、旅行などのんびりと記していきます

ちょっとした事件

ただいま日本に一時帰国中です。

 

帰国前にあった出来事について書き留めたいと思います。

 

私の住んでいるモンペリエという街で、スリにあいそうになりました。

ある日、私は大きなスーツケースとリュックとハンドバックを持っていました。トラムに乗り込もうとした際、入口のところで2人の若い女の子が私の前に立ちはだかります。私は中に入れないので、「すみません、入りたいんですけど」といったにもかかわらず、2人には聞こえていない様子。その後何度か話しかけるとこちらにやっと気づいて重い荷物を車内に入れるよう手伝ってくれようとしました。さて、何か怪しいと思ったその瞬間、私のハンドバックに目をやると、真後ろで大きなバッグを持った1人のおばさんが私のカバンから財布を取ろうとしてるではないですか!

すかさず私がそれをギロっと見つめた瞬間、おばさんは何事もなかったのごとく手を引きました。

乗る前から気づいていたのですが、若い女の子達は小綺麗な格好で、グッチのリュックも背負っていました。車内でその3人を観察していると明らかにグルになっていて、次の駅で彼女らはそそくさと降りて行きました。

このような一見スリなどしなそうな人たちがグループを組む、というのは1つの常套手段のようです。このことを一応耳にしてはいたので少し警戒心が働き、間一髪被害を免れました。

 

またもう一件。パリでのことです。

 

とあるメトロの入り口付近で黒人の若い男の人が何らかの署名を求めて来ました。私はすぐに断りましたが、(通常断れば諦める人がほとんどなのですが)しつこくついてきました。私は友達といたのですが、ちょうど雨が降っている時で傘を持っていたこともあり隙があるように感じられてしまったのかもしれません。気づいたら4人の大きな黒人に囲まれて、私の鞄の中に思いっきり手を突っ込まれました。私は、ぜっっっったいにここで財布と携帯だけは取られまいとその2つの必需アイテムを力づくで握りしめ、彼らを振り切りました。そしてひとりの男がつかみとったのは私のカバンの中で唯一失くなっても何のダメージのないビニール袋でした。(笑)

その時は必死でしたが直後には本当に腰が抜けそうになりました。

 

2つのことに共通するのは、私がいかにも観光客風の姿であったということです。

 

私の思うこととしては怖かった、というよりも、このようにしてお金を取ろうとする彼らに対して強い憐れみを感じました。そのような生き方を強いるもの、引き金となるものは何なのか、悪事を働いているという意識さえ麻痺しているように映る彼らの先にある未来は…。

 

今回、異国の地にいるということを再認識させられました。もちろん、日常生活は住む前に想像したよりもずっと平和です。しかし、日本に比べて多様な人種がいて、道端でお金を乞う人には毎日出会うし、やはり日本とは異なります。ひとりの外国人として、自分の身を自分で守ること、そして改めて安全な日本という国に住んでいたんだということを実感しました。

 

フォルマシオンミュジカルって

音楽院ではソルフェージュの授業が週に1度、2時間あります。私にとって必須科目ではないけど、「ソルフェージュといえばフランス」という言葉を今までに何度か耳にしたことがあったため、せっかくだから1年間とることにしました。

ソルフェージュ、と言いましたが、正式な授業名はFormation musicale (フォルマシオン ミュジカル)です。

Wikipedia によると

フォルマシオンミュジカルとは、フランスで行われている新しいソルフェージュのことである。従来のソルフェージュは、聴音新曲視唱が中心であったが、このフォルマシオン・ミュジカルでは、大作曲家の作品を教材にして、聴音読譜リズム、音程練習、移調練習、楽曲分析音楽理論音楽史などに触れ、音楽家が身につけるべき真の教養を目指す内容となっている。

 

とのこと。

一番重要なポイントは、本物の音楽作品を使ってソルフェージュをおこなうことです。そのため、ソルフェージュの授業のなかで芸術性の高い作品にたくさん触れることができます^^

また、日本ではやったことのなかったのが、Le commentaire d'écoute というもの。これは、ある作品の一部分を聴いて(楽譜は見ることができない)、文にして楽曲について説明しなければならないのです。拍子、小節数、調性、テンポ、楽器編成、考えられる作曲家及び時代、スタイル、その他特徴などなど。これは慣れないとなかなか難しい。私はこの時間になると指名されないよう人の影に隠れることに必死です。

 

そして、カリキュラムとして素晴らしいと感じたのは、一年を通して(正確には半年強)一つのオーケストラ作品を学ぶというものです。今年はストラヴィンスキー火の鳥だった!ちなみにこの曲はバレエ組曲

 

まず新学期にこの作品のオーケストラスコアを各自用意する。

はじめは楽譜を見ず、いくつかの曲を抜粋して例のcommentaire d'écoute を行う。

抜粋した曲の聴音をする。

楽曲分析をする。

曲中で音の表すモチーフとバレエのストーリ―、登場人物との関連性について学ぶ。

どの楽器が主旋律を受け持つか、曲を聴き、スコアを見ながら追っていく作業

 

などなど、授業の中で少しずつ学んでいきます。

 

そしてついこの間!!!!モンペリエのCorum というコンサートホールにて、モンペリエ管弦楽団によるコンサートが行われました。そう、ストラヴィンスキー火の鳥がプログラムに含まれています!!↓

Benjamin Britten (1913-1976)
Sinfonia da Requiem opus 20

Béla Bartók (1881-1945)
Concerto pour piano n° 3 Sz 119, BB 127

Igor Stravinsky (1882-1971)
L’Oiseau de feu

 

こうしてようやく通しで火の鳥をゆっくりと鑑賞。感動はひとしおでした!!ただ勉強した曲だから知っている、分かりやすかったという感想ではなく、学んだうえで聴くとより楽しめることに気付きました。ソルフェージュとは、ソルフェージュの授業の中で完結するものではなく、演奏するとき、教えるとき、音楽を聴くとき、など様々な実践の場で役立たせてこそ価値が見いだせるんだなあと感じました!

ちなみにこのコンサート、音楽院の生徒だと一席あたりなんと2.5€です(一般だと20€以上)。サンドイッチの四分の三くらいの値段でいいのかしら。。

 

f:id:mtantakatan:20170526032527j:image

コンサート前

 

f:id:mtantakatan:20170526032442j:image

火の鳥のスコア

 

f:id:mtantakatan:20170526032608j:image

帰り際の夕やみ

 

 

雲の模様

ここ最近モンペリエは、ぐっと暑くなる日も増え、みんな夏らしい開放的な装いです。

 

ところで、私は昔から雲を眺めるのが好きです。小学生の頃、帰り道に雲が何に見えるかを話しながら友達と歩いたり、おばあちゃんの家に向かう車から空を覗いて、雲がゆっくり形を変えていくのを見ていたり。

雲のない真っ青なモンペリエの空も美しいですが、雲の織りなす模様を眺めるのも楽しいです。ふと気付いた時に撮っていくうちに積もった写真を載せてみようと思います。

 

f:id:mtantakatan:20170519012724j:image

狭い通りを照らすまぶしい雲。

 

f:id:mtantakatan:20170519012810j:image

触り心地を確かめたくなる雲。

 

f:id:mtantakatan:20170519012854j:image

青色の空に映える爽やかな雲

 

 f:id:mtantakatan:20170519013124j:image

夕暮れに溶け込む雲

 

f:id:mtantakatan:20170519013225j:image

空に舞い上がるリボン状の雲

 

f:id:mtantakatan:20170519013311j:image

夕陽を抱えた雲

 

 

初めての病院

初めての病院。このたび帯状疱疹になりました。

フランス語では帯状疱疹のことを le zona (ゾナ)というそうです。

数日前から左半身だけが軽くしびれた感じがし、なんかおかしいなあと思っていたら今度は左脇のリンパが腫れて。そのあと左胸から左背中にかけて赤い発疹を発見(←金曜夜)。。。土曜朝、心配になってネットで調べたらどう考えても帯状疱疹っぽい。早めの治療が肝心!との情報を得てあわててモンペリエの皮膚科に電話するもつながらず。いてもたってもいられず直接訪問したら、管理人?的な人から、今日は休みだから月曜に電話してね!とのこと。

他もあたってみたがことごとくやっていない。あきらめて再び月曜日に電話する。つながらない。嗚呼、そういえば今週はイースターの三連休だった。。。

もう一度、火曜に電話をする。

皮膚科の女性「初めての方?次の予約は7月になるわ。それ以外は一つも空きがないわよ」

私「(ぬおおおおおお!?)」

 

ということを大家さんに伝えたら、フランスでは専門科医の予約をとるのはなかなか大変らしい。基本的には一般医 médecin généraliste のところにまず行くそう。そしてよほど判断に困る場合は専門科医への紹介状?を書いてくれるらしい。

ということで近所にある大家さんのかかりつけ医médecin traitantを紹介してもらいました。すぐに電話をするがこの日はもう予約がいっぱいなので水曜の朝に来てくださいとのこと。ふうぅぅ。仕方ない。

 

ところで疑問だったのが保険のこと。というのも、健康保険としてsécurité socialeに加入しているのだけど、まだ登録証明書(Attestation de droits)しか持っていなくて、保険証となるCarte Vitale はまだもらえていなかったから。全額支払いになる!?とビビりつつもとりあえず病院に証明書だけを持って行きました。

保険証がない旨を伝えると、feuille de soins という紙になにやら書きこんで渡してくれました。残りの必要事項を自分で記入してこの紙を保険会社に送ることで医療費の7割が払い戻される。(はず)初診料は23€。この時点では全額支払い。後日16.1€返ってくる。(だろう)

 

お医者さんはとても優しく(無駄に)世間話もしつつ、ついでに身長と体重も測らされ、(身長がなぜか1センチ伸びてた笑)無事に処方箋も出してもらえました。

 

行く前に経過を追って説明できるよう分からない単語や表現を調べてしておいたので、スムーズに診察が進んで良かった~!かゆいの痛いのでなかなか苦しいですが、薬が効いて早く治りますように。まあ今回かかりつけ医が決まっただけでもよかったことにしよう。

 

お医者さん「発疹が出てから5日目でしょ?ちょっと来るの遅かったね~^^」

って。いやいや来れるもんなら飛んで来たかったんだyo

f:id:mtantakatan:20170421035836j:imagef:id:mtantakatan:20170421035847j:imagef:id:mtantakatan:20170421035904j:imagef:id:mtantakatan:20170421035910j:image

写真は関係ないけど、ここのところ快晴続きなので載せてみます。

 

〈せっかくだから語彙〉

帯状疱疹 zona (m)

皮膚科医 dermatologue (n)

皮ふ科       dermatologie (f)

一般医 médecin généraliste (m)

かかりつけ医 médecin traitant (m)

しびれる s'engourdir

しびれ engourdissement (m)

かゆみ démangeaison (m)

発疹 éruption (f)

リンパ腺がはれる avoir des ganglions

ex) J'ai des ganglions sous l'aisselle gauche(左脇の下のリンパがはれています)

処方せん ordonnance(f)

錠剤 comprimé (m)

 

 

シュトックハウゼン、Refrain

先日、(と書くつもりでしたが演奏会からだいぶ日が経ってしまいました^^;;)  モンペリエ音楽院の企画の一つとして、シュトックハウゼンに関する講演会が行われました。その中で曲の紹介を兼ねて、"Refrain"という楽曲を演奏しました。

この曲はピアノ、チェレスタ、そしてヴィブラフォンから成るアンサンブル楽曲です。

私は今回初めてシュトックハウゼンの曲に取り組みました。そして初のチェレスタに挑戦しました。

この曲でとにかく大変だったのは、楽譜を解読するという作業です。楽譜には説明書が付随されているのですが、なんせもともと理解しづらい内容であるとともに、フランス語で書いてあるため頭を悩ませまくりました。。

 

 

この曲について日本語での説明などがネットで調べてもあまり情報が出てこなかったため、自分なりに概要を紹介してみたいと思います。需要があるかは不明ですが。笑

 

作曲年:1959年

演奏時間:約12分

作品番号:Op.11

献呈:Ernst Brücher

ジャンル:室内楽

楽器編成: ピアノ、ヴィブラフォンチェレスタ

初演:1959年10月2日ドイツ、ベルリン

 

この楽曲は、音数が少なく発せられた音の減衰に耳を傾ける"静"の部分と、様々な奏法、また楽器を駆使して多くの音で満たされる"動"の部分、という2つの対照的なテクスチュアによって特徴づけられる。

この楽曲を語るにあたり、特筆すべきは楽譜の形状である。楽譜が円形になっているのだ。円状の楽譜は6段の五線譜で構成され、3段で上半円、もう3段で下半円、といった具合である。(言葉で説明するのは難しいので詳しくは下記のリンク先を参考に…)


http://stockhausenspace.blogspot.fr/2014/05/opus-11-refrain.html?m=1

 

それから、楽譜とともに透明の定規が付属されている。この定規には様々な音型が記されている。グリッサンドクラスター、トリル、ピアノの低音、短いメロディの断片など音のキャラクターとしてはざわめくような印象の音群であり、これがリフレインの正体だ。なぜ楽譜が円形かというと、楽譜上にこの定規を配置するためである。ちょうど、時計の針のように。

手順を説明すると、演奏グループ(3人)で円形の楽譜に定規をどのような角度で配置するかを決める。定規の当たっていないところはもちろん楽譜通り演奏するのだが、定規に到達した時には元の楽譜に書いている事を排除して定規に書かれた音群を弾くのだ。そして定規に書かれている音を弾き終わったらまた元の楽譜通りに弾く。前述の通り、円形の楽譜の部分は6段あるため、この定規によって"中断"させられる部分、つまりリフレインが6回訪れるということになる。

 

先ほど言ったように、リフレイン、つまり定規の位置は演奏者たち自身が話し合って決めなければならない。このような自由要素があることによって、各演奏にバリエーションが生まれる。(実際、YouTubeで幾つかの演奏を見たのですが、それぞれリフレインの位置が異なるので楽譜を見ながら曲を追うというのがとても難しかったです^^;; )

 それから、奏者はそれぞれ補足の打楽器も演奏しなければならない。ピアノはウッドブロック、チェレスタはアンティークシンバル、ヴィブラフォングロッケンシュピールをそれぞれ自分の主要楽器の横に据え、楽譜に赤く示された音符を頼りに音を鳴らす。これに加え、楽譜の随所にはK という文字が記されている。これが示すのは舌のクラック音(なんと言うのが正しいのだろうか…舌打ち?)である。また、pi, ta taeというようなアルファベットで示された短い音節(シラブル)も要所要所に散りばめられている。演奏者はこれらをまるで楽器のごとく発声しなければならない。

奏者は複数のことを同時に行わなければならず、これは集中力を要するのだが、この曲で最も求められるのは互いの音を聴きあうということである。

 

この楽器の編成として、私が面白いと感じたのは、すべて鍵盤楽器、一音のみでクレッシェンドすることは不可能な、つまり音を一音鳴らしたら減衰する運命にある楽器を選択していることである。また補足楽器のグロッケンシュピール、ウッドブロック、アンティークシンバルも然り。これは弦楽器や管楽器と比較した場合の欠点といえる。

 

しかしながらこの楽曲、特に"静"の部分では、この欠点を逆手にとっているといえる。この楽譜には音価(音の長さ、四分音符、八分音符等)を示す記号は用いられていないのだが、その代わりに、音の強度が音符の玉の大きさによって示される。玉が大きいほど音は大きく、小さいほど音は小さく、といった具合である。そしてその強度よって各音の持続時間は決定づけられる。

その一方、6回の"refrain"、"動"の部分においては、トリル、グリッサンドクラスター、ピアノのバス音などといういわば特殊奏法が駆使されている。これらは鍵盤楽器の武器とも言える。

このように、楽器の特性を最大限生かしながら、"静"と"動"のコントラストを描き出したという点において非常に興味深い。

 

正直なところ、こういった1900年代中頃の音楽は、アイディアに行き詰まった作曲家たちの苦し紛れのエゴの見せ合いなんじゃないかと思っていました。(言い過ぎ)

 しかし今回楽曲と向き合って、日本の伝統音楽に通づる部分があるのではないかと感じました。平たくいえば、規則的なリズムや拍子が存在するわけではなく、音を聴きあい、間を大切にする、というような点において。

 

あるサイトでこんな文章を見つけました。

 

シュトックハウゼンは初来日の際、この国を「全てがアートだ」と表現した。彼は、「(日本は)自分の人生に大きな変化を与えた」とし、「あの国では全てが文化になっているように感じた。食事の仕方も私の国の100万倍以上文化的だった。服の着こなし、他人の受け容れ方、別れの挨拶の仕方、愛の交わし方、寝床の整え方、風呂の入り方など全てがそうだった」と述べている。 

 

この曲が作られたのは1959年、初来日は1969年。この事実から、直接的に日本の影響を受けたとは言い難いですが、きっとシュトックハウゼンの美学が日本の文化とリンクする部分があったからこそ彼は感銘を受けたのかもしれないですね^^

 

なんだかマニアックな話と、私のつたない文章が相まって意味不明かもしれないけれど、せっかくの経験、自分の備忘録として書きました。

 

ちなみに講話をした先生曰く、シュトックハウゼンと同じ時代に生きていたら、彼の楽曲を理解、演奏するためにはシュトックハウゼンと少なくとも1ヶ月は寝食をともにして過ごす必要がある、と言われていたそうです(^^;;笑 

 

とにかく興味をもって挑戦してみることで、新しい視点に出会うことができました。

(一つの作品に取り掛かっただけで大口を叩けないのは十分承知しています笑)

 

コンサートのチラシ

f:id:mtantakatan:20170210182657j:image

 

 

コンサート会場、学校内のla chapelle haute というところ。急いで写真を撮ったので伝わりづらいですが、とっても素敵な空間。学校には一台しかチェレスタがないので、いつもここで合わせをしていました^^

f:id:mtantakatan:20170220045537j:image 

f:id:mtantakatan:20170220045557j:image

 

 

滞在許可証

フランスに来て5ヶ月半。やっとの思いで滞在許可証を手に入れました\(^o^)/

それにしてもすごく時間がかかった。。 

 

流れとしては

 

①申請日の予約(オンライン)

②書類提出

③健康診断のお知らせが届く

健康診断

健康診断をした証明書を提出しに行く

④県庁から滞在許可証受け取りの召集状が届く

県庁にて受け取り

 

①まず、私はテスト生ビザというビザで来ていたため、音楽院の受験に合格してから滞在許可証の申請をしました。その申請をするにあたって、モンペリエでは書類提出の日をオンラインで予約しなければいけないのです。しかしそれが厄介で。と言うのも、毎週日曜の夜中0時に予約の受付が始まり、その週、もしくはその次の週の分を各自予約します。しかし、当然のことながらこの時間、サイトに人が殺到するので、予約を取るのがとにかく大変、という噂を聞いていました。

そのため何としても予約を取りたかった私は時差を計算して日本にいる母にも頼み、日本時間で月曜朝7時に予約に一緒にチャレンジしてもらいました(笑)

しかしながら両者ともに何度もページがエラーになり、、また戻ったら今度はホームページさえ開けずという事態発生。

「お願い!!!いい子だから!!!」と心で叫びつつ、最終的にはなんとか自分で予約を取ることに成功しました。予約日は2週間後(10月頭)。時間かかるなぁ。。

 

②そして予約の当日、提出した書類に不備はなく、これで安心、あとは健康診断だけだ♪と思っていたのですが、担当のおねいさん曰く、「健康診断の日は後ほど手紙でお知らせします。いまは学生が多くて混んでるから、多分2ヶ月後くらいです^^」

えっ、2ヶ月も!?短期ビザ切れちゃうんですけど!!と焦っていたらレセピセという、申請日から4ヶ月間合法的に滞在できる滞在許可証に代わるものを渡されました。

 

③そして待つこと律儀に2ヶ月(12月中旬)、健康診断のお知らせが来ました。日にちと時間も一方的に決められています。運良く予定のない日だったので良かったですが。

健康診断、フランスに来てから数ヶ月一度も体重測ってないし、ちょうどいいや〜と思っていたのですが、着いたら、

お姉さん:身長何センチ?体重何キロ?

私:いや、最近測ってないんですけど、、

お姉さん:いやいや!大体でいいから!

私は:(測らないのね…)

 

続いて視力検査、パリでは自分の手で片目を隠すという噂を聞いていたのですが、こちらモンペリエではもはや目を隠しもせず、両目で見て、壁に書いてあるアルファベットを読むというスタイルでした。色々な工程を省きすぎてもはや意味があるのだろうか。。

それから最後にレントゲンを取って終了。(2ヶ月も待った割に)大雑把な健康診断でした。

 

それから健康診断を受けた証明書を提出しにいき、そこで滞在許可証をもらえる!と思いきや、

「また招集の手紙を送るので、それが来たら県庁に行ってください。多分2週間後くらいです。」

とのこと。

 

④結局待つこと約1ヶ月、ようやく手紙が届いて県庁に赴きました。無事、滞在許可証を手に入れました!!

こうして1月末にやっと手に入ったけど、申請日から滞在許可証が有効っていうことになっているらしく、期限は2017年の10月までらしいです。ははは

 

まあ、あと1週間でレセピセも切れて不法滞在になるところだったので、ひとまず安心。

これでフランス国外にも行ける〜!

 

長々と文句混じりで書きましたが、今日発見した高台からの美しい街並みを見て、結局のところフランスに滞在できることの喜びを感じました^^

 

f:id:mtantakatan:20170125051813j:image

 

Bon voyage

ブログというのはもともと自分のことを書くものですが、今日は特に個人的な回想として書き留めたいと思います。

 

つい先日、11月5日、大学時代にお世話になった山口博史先生が永眠されました。

  

山口博史先生のプロフィール
立教大学卒業。1971年より島岡譲氏に和声、フーガを師事。1973-80年パリ国立高等音楽院に留学。1975年和声首席1等賞、1976年対位法首席1等賞(ノエル・ギャロン賞)、1977年フーガ1等賞。シャラン、アンリ、ビッチ、カステレード、コンスタンの各氏に師事。1980年より国立音楽大学作曲科で教鞭をとる。2015年3月まで同大教授。1981年より東京藝術大学音楽学部ソルフェージュ科講師。

 

私は大学にて山口先生に和声、ソルフェージュ、そしてアナリーゼを教えていただきました。

先生の和声の授業では島岡和声はもちろんのこと、アンリ・シャランのフランス式和声の課題も取り入れて下さり、その美しさにいたく感動したのを今でも色鮮やかに覚えています。和声課題をどれだけたくさん提出したとしても、必ず丁寧に添削してくれました。時に、書いてある文字が読めなくて、ここは何て書いてあるんでしょうか?と聞きにいったら、「電車の中で座りながら書いたから汚くなっちゃったよ。ごめんねぇ。」と照れながらおっしゃっていたのを覚えています。夏休みにはクラスの学生を中心に河口湖で和声合宿も催して下さいました。和声課題を解いたり、みんなで散歩をしたり、夜な夜なドビュッシーの牧神の午後への前奏曲を聴きつつ、先生が熱心に解説して下さったり、忘れられない大切な思い出たちです。

 

それから大学3年の終わり、フランスの音楽夏期講習に参加するため、学内での奨学金試験を受けたのですが、その際、フランス語の試験は山口先生が試験官のうちの1人でした。質疑応答を終え、面接の最後に先生は私にBon voyage (良い旅を!)と言ってくれました。まだ試験の結果も出てないのに、先生気が早いなぁと少しくすっとしたのを今でも覚えています。結果としてはこの試験に合格し、夏には講習会に行くことができました。そして、私はフランス留学を心に決めたのです。

その、私が大学三年の年いっぱいで先生は退官なさいました。その後お会いする機会は残念ながらありませんでした。つまり、あの面接のBon voyage が、私にとって先生からかけてもらった最後の言葉となってしまいました。

 

今、私は音楽院でレッスンの他にアナリーゼやソルフェージュの授業もとっています。フランスではソルフェージュの授業のことをフォルマシオン ミュジカル(Formation musicale) と言うのですが、単調なソルフェージュ課題を用いるのでなく、まさに生きた芸術性の高い音楽作品を用いてソルフェージュの授業を行います。山口先生はこのフランス式に近いソルフェージュに取り入れていらして、「フランスではこんな風に学ぶんだよ」とおっしゃっていたことは本当だったんだなぁと実感しています。

 

もう少ししたら、今私はフランスにいて、こんなことを勉強しています、というメールを山口先生に出そうかなあ、とぼんやり考えていました。それなのに、先生は遠くへ行ってしまいました。こんなことならもっと早く報告すればよかった…それが心残りです。どうしてかというと、先生の喜んで下さる顔があまりにも自然に目に浮かぶからです。

 

いつも優しい微笑みに満ちていて、学生への愛、そして何よりも音楽への愛に溢れていた素晴らしい恩師。思い出のどこを切り取っても温かな笑顔しか思い出すことができません。そしてどこまでも博識でありながら、少年のようにみずみずしい感性をもって楽曲の素晴らしさを語り、今でも「ほーら、ここ、素敵な響きだと思わないかい?」という声が聞こえてきそうです。

 

きっとフランスに導いて下さった山口先生のことだから、もしかしたらたまにはフランスに遊びに来てくれるかもしれません^^

 

思い出を心に大切にしまいつつ、まだ続くであろう人生の旅路をしっかり歩んでいこうと思います。