読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南仏、音楽つれづれ日記

南仏での生活、音楽、旅行などのんびりと記していきます

モンペリエから小さな町へ

先日、モンペリエから電車に揺られること30分、友達の住むAgdeという小さな町を訪ねました。

 

30分というと大した移動でもないのですが、モンペリエを少し出ただけで、はっきり言って不安を覚えるくらい何もない、というかあるのは一面に広がる畑。なるほど農業大国であることがうかがえます。時折現れる小さな町は、統一感のある屋根によって、とても可愛らしく素敵です。

 

まずアグドに到着しました。この町のすぐ近くにはL'Héraut という河が流れており、この流れにそって進んでいくと海に出ることができます。人口約2万人の町ですが、夏のヴァカンスの時期はとても賑やかだそうです。

f:id:mtantakatan:20160903153312j:image

この狭い隙間は、友達いわくヨーロッパいち小さな道だそうです。本当かなあ?笑 でも、ちゃんと通れました!

 

町の中心では蚤の市があり、本、レコード、カバン、昔のコイン、用途不明の台所用品など実に様々なものが売られていました。その中で目に留まったのがモネの作品全集。とても大きくて重くて迷いましたが、モネの美しい絵画と、そして5ユーロという値段に惹かれて買ってしまいました。モネの生涯を綴ったページも多く、フランス語の勉強にもなりそうです。

f:id:mtantakatan:20160903162628j:image

(後でネットで調べたら元値は45ユーロでした)

 

それから車で移動すること20分くらい、次なる小さな町、Cap D'Agde というところに出かけました。ここは非常に観光客向けの町で、夏が終わるとほとんど人がいなくなるそうです。

 

f:id:mtantakatan:20160903154250j:image

 

たくさんのレストランとお土産やさんとが、港近くで軒を連ねていました。

お昼は港にあった、地元の友達オススメのレストラン。今回のフランス滞在ではじめて外でちゃんとしたものを食べたような気がします。

 f:id:mtantakatan:20160903154626j:image

前菜:海の幸の盛り合わせ

主菜:鯛のソテー、紫米を添えて

デザート:ヌガーグラッセパッションフルーツのソース

 全部で17.5ユーロでした。

 

フランスって家でも外でもどんな時も隣にはバゲットがあるような気がします。米があろうが、じゃがいもがあろうが、コーンフレークがあろうが。(もちろん例外はあり)

 

友達が地元の子に連絡をして、さらにMèzeという町にも足をのばしました。

f:id:mtantakatan:20160903155129j:image

この海を臨むカフェでのんびりと過ごしました。

 

それからMarseillanという町にもいきました。とても穏やかで静かな港。

f:id:mtantakatan:20160903155255j:image

 

Agdeに戻り、見晴らしの良い小さな山に登りました。海と町を見渡すことができました。

f:id:mtantakatan:20160903155529j:image

 

夕暮れ時19:30過ぎに訪れたのはGrau-D'Agde というところ。人の少ない海辺が、なんだか夏の終わりを感じさせます。

f:id:mtantakatan:20160903155915j:image

 

最後に夜のAgde。昼間とは異なる、光と水の共演が美しい。

f:id:mtantakatan:20160903160029j:image

 

水辺の小さな町々を1日でたくさん見ることができ、一日中運転してくれた友達に本当に感謝です。なかなか地元の友達がいなければ、行く機会もないだろうし。

 

見逃してしまいそうなところにも、たくさんの美しい景色がひそんでいることが分かりました。

せっかくのヨーロッパ滞在、これからもいろいろなものを目にしていきたいです。